BTSプロンポン駅周辺でランチ LEAM CHAROEN SEAFOOD エムクオーティエ タイ料理 バンコク都内 レムチャルーンシーフード 料理 料理店

腹壊しにもめげず、再びタイシーフード

投稿日:2018年7月25日

Pocket
LINEで送る

今回、また、エムクオーティエの

上階の、レムチャルンシーフード

LEAM CHAROEN SEAFOOD

行きました。

前回、腹を壊しぎみだったので

あまり気乗りはしなかったの

ですが、まあ、あれですね。

前回と同じく、4品たのんで

939バーツのメニューですね。

2人で行くと、ちょっと量が

多いくらいで、3人で行って

これをたのんで、プラス1品

別途にたのんで、OKな量です

ね。

まあ、とりあえず、前回とは

違うものを選びましたが、

きっと腹壊しの原因と思われる

ものは避けましたね。

ところで、ここの、シーフードの

タレは、秘伝の味だと思いますね。

日本から来た日本人なら、

ええ?という味なんですが、

この味がタイ人のシーフードの

タレの基本形ですね。クアン

シーフードも同じような味ですね。

さて、アスパラ炒め、トートマンプラー

いかの黄味炒めとかがやって来て

トートマンもちょっと変わって

いて、具がそれほど入っていな

かったのですが、すべてすり

つぶしてあるんですかね。

これはこれで、おいしいと

思いましたね。

あと、いかがとっても新鮮で

黄味炒めは絶品!だと思い

ますね。

そして、最後にやって来た

プラー、魚1ぴき、揚げたのに

タイ系辛いタレがかかって

います。

いままで生きていた魚だと

いうのですが、私にはそれは

わかりませんね。身は新鮮だと

思いますけどもね。

そもそも、そりゃ、今まで生きて

いた魚とかえびとかかには

おいしいですよね。だから

イケスに入いれて、その場で

調理するわけで。

それについて、こういう味だから

今まで生きていたもの、とか

いうのじゃなく、感覚的な

ものでいいんじゃないかと、

そう思うので、今まで生きて

いた魚か、死んで保存された

魚かは、気にしませんけどもね。

結局、今回は、かなり、

おいしくて、前回の腹壊しを

カバーしましたね。

会計は、939バーツと

ごはん2つ50バーツ

水、氷 40バーツ

魚のタレ追加料30バーツ

+サービス料10%で、

1,165バーツでした。

 

 

レムチャルーンシーフードのお得メニュー

きょうのランチはエムクオーティエ の上階にあるレムチャルーンシーフード でした。 バンコクにチェーン展開している タイシーフード店ですが、ラヨーン が発祥でしたかね。 セントラルワールドで何回か 食べ ...

続きを見る

Pocket
LINEで送る

-BTSプロンポン駅周辺でランチ, LEAM CHAROEN SEAFOOD, エムクオーティエ, タイ料理, バンコク都内, レムチャルーンシーフード, 料理, 料理店
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.