カオカパオ カオソーイ クルンサイアム グリーンカレー ケーンキアオワーン ソイ39 タイ料理 バンコク都内 ランチ 料理 料理店

「クルンサイアム(KRUNG SIAM)」でタイ料理ランチ

更新日:

Pocket
LINEで送る

きょうのランチはソイ39を

ずっと入っていって

ゴールドカレーのとなりに

タイ料理店があったなと

思ったのですが、空いてなくて

じゃ、どこにしようかと迷って

近くに日本人向けのタイ料理店

があったなと、そこに行く

ことにしました。

マイポーチとか

春らんまんコミック&カフェのある

一画の、一番奥左の

「クルンサイアム(KRUNG SIAM)」

です。

東京でタイ料理店をやっている店が

タイに出店したということで、

ランチ営業もしていて、

店前にはセットランチのメニュー

が提示されていました。

店内に入ると、とっても洗練

されていて、タイ料理店とは

思えない空間で、なるほど、

日本人がデザインするのは

違うなあ、と思いましたね。

正午前だというのに3組ほど

日本人奥様が座っていて、

なるほど、雰囲気だけでも

十分、集客できる店だな、

と思いました。

セットメニューでは、

カパオライスとかありましたが

クンパッポンカリー(えびのカレー

炒めたまごとじ)と、

ケーンキアオワーン(グリーンカレー)

にしました。どちらもセットで

180バーツでした。

セットには、透き通ったトムヤム

スープと生春巻き付きです。

1~2階があって、夜にワイン

でも飲みながらタイ料理で

ゆっくりするのはいいと

思いますね。

ディナーのメニューを見ても、

日本人が好きなメニュー中心

ですね。ソムタムとか

ラープムー、トートマンクン、

パックブンファイデーン、

カパオガイ、カオソーイ、

パッタイ、クィッティアオトムヤム

などと見ていって、1つ、

日本人が好きなんだけど

ないなあ、と思ったのは

ホーイトートですかね。

かきの鉄板焼きですね、

なかったです。

さて、料理がやってきて

どれも十分にタイの本場の

味になっていて、いいと

思いましたね。

この味を日本で食べられれば

スゴイですけどね。日本でも

同じ味でしょうか。

まあ、このソイ39の店は、

日本人ご用達のタイ料理店

として、やっていくのが

よいでしょうね。変に

本場の味で激辛にすること

なく、日本人の好みに徹する。

それがいいと思いますね。

以前、そういう店がシーロム

にありましたね。駐在員しか

行かない店、サラリーマン

ばっかりで、ちょっと

異様でしたけどね。

 

会計はVAT、サービス料は別途

でしたが、計算していたよりも

安かったですね。

これはきっと、オーダーして

さっと無料で出される冷えた

お茶が加算されてないから

でしょうかね。

 

Pocket
LINEで送る

-カオカパオ, カオソーイ, クルンサイアム, グリーンカレー, ケーンキアオワーン, ソイ39, タイ料理, バンコク都内, ランチ, 料理, 料理店
-, ,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.