さんや クイッティアオ ソイ41 バンコク都内 料理 料理店

「さんや」のだんなによるイェンタフォー

投稿日:2017年9月26日

Pocket
LINEで送る

きょうのランチは、

イェンタフォーの店が

できたというので、

行ってきました。

うちの会社から2分ほど、

スクムビット・ソイ41-43の

中ソイの43側ですね。

昼間のランチ時は賑わって

いるので、ひと目でわかります。

おそらくは近くのトヨタの

タイ人スタッフが大挙して

食べに来ているのでしょう。

オープン当初ということで、

「さんや」のだんながみずから

率先して店頭に立って

いました。→さんやの記事

イェンタフォーというのは、

太麺とピンク色のスープの

クィッティアオですね。

私はこのピンク色のスープが

着色料に見えて、タイに来て

以来、食べたのは一度だけ

です。

ということで、店の看板の

イェンタフォーではなく、

クィッティアオのプラーの

センミーにしました。

スープは透き通ったもので、

ひと口食べてみると、

調味料が足りないですね。

酢、砂糖、辛子、ナンプラーを

入れて味を整えましたが、

う~ん、まだ何か足りない。

うま味ですかね。

具は魚系のねりもの、つみれ

が1つずつ入っていて、

これは結構、おいしかった

です。

スープもプラー系(魚系)の

正統派で文句はないですね。

でも、透き通ったスープの

クィッティアオ以上の味には

ならないんですね。

どこで食べてもそれほどは

変わらないんです。

ソイ39の駅前のイムちゃんも

こんな味でしたね。

 

1杯45バーツ。

大盛55バーツ。

1~2階があります。

ところで、「さんや」のだんなの

店はこれでやっていけるの

でしょうか。

家賃は4万バーツちょっとの

ようですが、1日どれくらい

の人でしょうか。

私が行ったとき、1階の

8テーブルほどが満員で25人

ほどでしょう。2階にも人が

いて10人ほど。

それが1日で3回転くらい

でしょうか。

締めて1日100人。

50バーツ平均として

100人で5000バーツ。

う~ん、これじゃやって

いけないですね。

1日200人でも1万バーツですよ。

家賃を払うのに4日間かかって

しまいます。

1日300人でしょうか。

そうなると、このメニューだけ

じゃなく、せっかく日本料理店の

コックなんだから、やはり

みそラーメンとか、どんどん

メニューを増やすしか

ないでしょう。

Pocket
LINEで送る

-さんや, クイッティアオ, ソイ41, バンコク都内, 料理, 料理店
-,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.