BTS サムローン タイ文化センター バンコク都内 ミンブリー ラプラオ 路線 輸送

主要路線の工事がいよいよ始まる

更新日:

Pocket
LINEで送る

路線の工事がこれから本格的に

始まるようです。

その路線とは、ラプラオ~

サムローン、ケーラーイ~

ミンブリー、タイ文化センター~

ミンブリー。

以上ですが、やっとここに来て

メジャーな通りでの建設が

開始される、という感じですね。

これまでは、バンヤイまでとか、

トンブリー方面とか、

ランシット行きとか、いまいち

主要線とはいえない建設だった

と思われますが、ラプラオ~

サムローンなどはまさしく、

メジャー級通りでの路線という

感じで、ラプラオ通り、

シーナカリン通りを通り、

最後は、テパラック通りです

かね。

こういう路線を早めにつくって

もらわないと、今あるBTSの

スクムビット線などしかメジャー

な路線がいつまでたっても

ないので、そこの沿線の

コンドミニアムが増える、

増える。

それでもう、このスクムビット

通りはパンパンですね、BTSも

下の道路も。

これは結局、メジャーな路線が

できないため、便利な

スクムビット線沿線に集中する

わけで、もっと拡散しなくちゃ

いけないんですね。

そういう意味では、タイ文化

センター~ミンブリーも、

ラマ9世通りとか

ラムカムヘン通りを通るので

住んでいる人が多い場所ですね。

こういうところを早めに

つくらないと。

あとのケーラーイ~ミンブリーは

いまいち郊外なので、よくわか

らないですが、まあ、

ラムイントラー通りとか通る

ので、そういうところにも

人は多いでしょう。

そもそも、パープルラインとか、

タオプーン~バンヤイとかですが、

何でこれが先なんですかね、

という感じで、チャオプラヤー川

を渡って行くなんて、そんな

路線あとまわしでしょ。

まあ、結局、利害関係とかで

政府施設とか通っている、

ノンタブリー周辺とかが優先

されて、今回のケーラーイ~

ミンブリーもそれに近い

ものもありますかね。

そういう意味では、現在の

暫定政権は、そういう利害を

排して、網の目の路線計画を

遂行しているので、

評価できると思いますね。

 

Pocket
LINEで送る

-BTS, サムローン, タイ文化センター, バンコク都内, ミンブリー, ラプラオ, 路線, 輸送
-, , ,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.