温泉

ラノーンの温泉開発

投稿日:2019年1月31日

Pocket
LINEで送る

タイでの温泉というと、

カンチャナブリーにも行った気が

します。ずっと前ですけども。

川から湧き出ていて、無料で

開放されていたんですかね。

ほのぼのとした、温泉という

より、湧きぬるま湯、という

感じだったと思います。

あと、ペチャブーンにも行き

ました。こちらは結構、本格的

というか、お金を取って、湯船

につかるという形でした。

今回、タイ南部のラノーン県でも

民間で温泉を開発したといい

ます。 Facebook もありますね。

Taryn Ranong Hotspringsと

いいます。

まあ、もう少し、日本を見習って

日本の技術者とかを招いて、施設

等もつくって、タイラノーンの

温泉!として売り出して、中国人

とかを、観光に誘致するのがいい

と思いますけど。

そもそも、本当に湧き出るお湯か

どうかなんて、最終的には、利用

する人もよくわかってませんから

ね。一応、自然に湧き出る温泉、

とかいう言葉を信用すると。

だから、タイでも本当に湧き出る

のなら、ちゃんと温泉として開発

するのがいいですね。そのあたり、

小資本の個人では一軒だけですが

周辺を温泉町にするには、いろ

いろ掘らないとダメですし、

掘ったからといって、出るわけ

ではないですからね。

今回、このラノーンの温泉は

今まで7か所あるラノーンの温泉

とは別の、8ヵ所目として初めて

民間の場所で、源泉が見つかっ

たといいます。だから、有料と

して開発したんですね。

Pocket
LINEで送る

-温泉
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2019 AllRights Reserved.