うなぎの蒲焼き 料理

タイでうなぎの蒲焼き

投稿日:2018年11月14日

うなぎは京都にいるときは

よく食べていて、北山に移って

からも、北大路の交差点に魚屋さん

があって、そこでうなぎの蒲焼を

売っていたのを、覚えています。

それから何十年もたって、その角の

魚屋さんはなくなって、ビブレで

たまに帰省したときは買っています。

値段の高いのは、身のキメが細かくて

国産のものでしたかね。なんとなく、

ゴムのようなものは、安いもの

ですね。

それで先日、ソイ33/1の

フジスーパーに行った際、冷凍の

うなぎを取り上げて見て、1つは

288バーツで、もう1つは420

バーツでしたね。詳しい表示が

ないので、どこからの輸入かわか

りませんが、たまにはこういうのも

いいかなと、買って帰りました。

タイでうなぎを食べることはほと

んどありません。

以前、フジスーパーでお弁当の

うな丼を買ったくらいでしょうか。

うちに持ち帰って、袋から出して

煮詰めて、ごはんにのせて食べま

した。ちょっと全体に火が通って

いない気はしましたが、もうすで

に一度、煮立ったものだろうと

思い、納得し、食べ進みました。

まあ、このレベルのうなぎなら

タイのどじょうを蒲焼きにして

売っても、十分対抗できるような

気がしますね。

1つ120バーツぐらいでしょうか。

ただ、タイ人にどじょうの蒲焼きが

受けるかどうかというのはあり、

でも、実際にそれがあれば、

タイ人にも広まると思いますけどね

-うなぎの蒲焼き, 料理
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2022 AllRights Reserved.