LEAM CHAROEN SEAFOOD エムクオーティエ シーフード バンコク都内 レムチャルーンシーフード 料理 料理店

レムチャルンシーフードが海外進出

投稿日:2018年8月23日

Pocket
LINEで送る

エムクオーティエの上階の

レストラン街で、939バーツ

で4品のプロモーションを

やっているレムチャルンシーフード

ですが、ゴーインターのよう

ですね。

海外に出店するようです。

最近は、中華系の旅行者なども

食べに来ているので、ガイド本

などにも紹介されていて、

きっと、フランチャイズでお金を

出す人が見つかったんでしょう。

まず、上海で来年から出店する

ようです。

まあ、フランチャイズなら、

自己投資もないので、材料だけ

を提供して、その分はちゃんと

回収すればよいわけですね。

もちろん、タイと同じレシピ

は当然ですが、そのあたりが

外国で伸びるかどうかの

ポイントでしょう。

中国のほか、ドバイやシンガポール、

フィリピン、カンボジア、マレーシア

も検討しているようです。

日本はどうですかね。

こういう、タイ、中華、シーフード

というのは、なかなか日本の味

にしないと難しいかも知れません。

この独特のシーフードのタレも

タイ人はこの酸っぱくて、

辛くってという、この味が好き

ですが、このまま持っていって

日本人が気に入るかというと

難しいと思いますね。

まあ、タイでたまに食べるには

いいですけど。

タレの味を変えるというのは

レムチャルンの味じゃなくなる、

ということですかね。

でも外国での場合は、タレは

2~3種類必要だと思います

けどね。

 

Pocket
LINEで送る

-LEAM CHAROEN SEAFOOD, エムクオーティエ, シーフード, バンコク都内, レムチャルーンシーフード, 料理, 料理店
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.