イサーン料理 イムちゃん ソイ39 バンコク都内 料理 料理店

イムちゃんのとなりのイサーン料理店

投稿日:2018年3月23日

Pocket
LINEで送る

スクムビット・ソイ39の近くに

イムちゃんという店があり、

オープンスペースにいすが

並べられていて、すぐにわかる

わけですが、最近の屋台の

撤去で、どうしてここは大丈夫、

となりますが、この店はちゃんと

建物の敷地の中にあり、民間の

所有物の上にあるんですね。

歩道ではありません。だから

撤去されることはないのです。

そのイムちゃんのとなりで、

サンミックスというリサイクル

ショップがあったところが、

閉店して、壁が取り壊され、

店続きとなり「アロイちゃん

ソムタム」という名になって

いました。

まあ、イムちゃんとオーナーは

いっしょですね、きっと。

だからメニューも同じです。

ただイサーン料理が増えまし

た。従業員もこちらはタイ人で

今まであるところはミャンマー人

ですかね?

それで今回、こちらで食べて

みました。

たのんだのはラープムー80バーツ

イサーンスープ120バーツ、

ムートート100バーツ、ガイトート

70バーツ。

どれも食べやすいので驚きま

した。なぜだろう、と思ったので

すが、そう、辛くないんですね。

まあ、外国人の利用が多いので

元々のレシピから辛くしていない

んでしょう。タイ人には少し

物足りないかも知れません。

イムちゃんとイサーン店は分かれて

いるように見えますが、結局、

どちらの店でも同じように注文

できるので、どちらに座っても

よいということですね。

ところで、また、ガイトート

(鶏のから揚げ)を食べたわけ

ですが、揚げ物はからだによく

ない、と思いながら、結構、

食べていますね。

味はOKですね。日本料理店

の手羽先よりおいしいですね。

5つ入って70バーツですし。

 

ポンカリーのおかず

「ポンカリー」というタイ語が あります。カレー粉のことですが、 タイ料理のごはんの際、おかず で使う調味料のことで、 例えば、日本人に有名な プーパッポンカリーは、 かに、炒め、粉、カレーという意味で ...

続きを見る

イムちゃんに再び

最近、何となく料理のクオリティー が上がったように思うのが 「イムちゃん」。使っている 素材の質が上がったのかも知れま せんし、料理の味付けがよくなった のかも知れません。 平日のランチで利用しますが ...

続きを見る

 


 

Pocket
LINEで送る

-イサーン料理, イムちゃん, ソイ39, バンコク都内, 料理, 料理店
-,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.