ナイトバザール

失敗したナイトバザール

投稿日:2018年3月24日

Pocket
LINEで送る

タイで日本人向けの不動産

事業を営むあぱまん情報の

山口社長は、もうタイに30年ほど

おられるとは思いますが、最近、

バンコク今昔物語と題して、

自分の生の声で、バンコクの

今昔の話を語っておられます↓

http://livaia.com/thailand/bangkok/bangkokppstories/chuvitgarden03/

が、この回の話で、スクムビット・ソイ10

にあった店舗群のことを取り上げて

らっしゃいます。

実は昔、ここで、その屋台のような

店舗をやったことがありまして

何年くらい前の話ですかね。

18年ほど前ですかね。

 

ナイトバザールと銘打って、

テナント募集をした時ですね。

チャトチャクのように、きっと、

発展するところになると、

その1つを借りたんですね。

主催者もちゃんとしているよう

に見えて、ちゃんと区画も示して

ムエタイなども誘致すると。

タイの子にシルバーを売らせて

家賃は2万弱くらいかな。

あと設備代、敷金で5万バーツ

くらいですかね。

まあ、このタラート自体が発展

したら、店を売ってもいいかな

と思っていたので、損にならない

程度にお金をかけましたね。

でも結局、うまく行かず、

借りた人もどんどん抜けて

いきましたね。

こういう、ナイトバザールとか

は、主催者にかかっています

ね。彼らがうまくやれば、

発展するし、彼らのやり方が

へたで、資金もなく、ちまちま

やれば、テナントは抜けて

いくし。

そして、残っている人たちの

話し合いがあったんですかね。

その時、主催者じゃなくて、

土地のオーナーが「出ていって

くれ」と。軍隊のような人を配置

して拳銃も持っていて。

結構、押し問答がありましたね。

残っているテナントは、内装とか

でお金がかかっているため、

それらを返してもらえるなら

出ると。

居座る人も30組以上はいたと

思いますが、ある日、夜中に

ブルドーザーなどがやって来て

一網打尽ですね。軍隊の仕業

とか。

この土地のオーナーがチューウィット

で、つぶれた店舗のオーナーは

警察に訴えて、そのあとはどう

なったんですかね。彼からの

保障がありましたかね。

そしてそのあと、彼が公園を

つくったんですね。

まあ、失敗したナイトバザールの

1つだったんですね、ここは。

チューウィット氏

チューウィット氏

Pocket
LINEで送る

-ナイトバザール
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.