エムクオーティエ トムヤムクン バンコク都内 レムチャルーンシーフード 料理

レムチャルーンシーフードはピカ一

投稿日:2018年2月20日

Pocket
LINEで送る

きょうのランチは、エムクオーティエ

に行きました。

いつもは地下におりますが、きょうは

上階のレストラン街ですね。

平日のランチに行く時は、

やはりエレベーターで行くのが

いいでしょう。エスカレーターで

いちいち上がっていたら、1時には

戻れません。

6階ぐらいから、らせん状に上がって

行きますが、そういえば、

レムチャルーンシーフードが

オープンしていたのを覚えて

いたので、そこに今回、

 

初めて行きました。

もちろん、セントラルワールド

とか、あと、シーロムコンプレックス

とかにも入っていて、そちらは

行ったことがあります。

ラヨーンで40年以上続く

シーフードの店ですかね。

揚げ魚のナンプラーが有名です

かね。

ソンブーンと同じように 「おいしい

シーフードが食べられる店」

として認識していますね。

味に間違いのない店。

それでいて値段もまずまず。

何といっても、シーフードの

新鮮さはピカ一でしょう。

ラヨーンから魚は仕入れて

いるんですかね。

今回は、はまぐりのみそ炒め

180バーツ、トムヤムクン320

バーツ、いかの塩辛黄味炒め

250バーツをたのみました。

みそ炒めは、タイならではの

みそ味で、おいしいですね。

トムヤムクンもとっても大きな

えびが4つ入っていて、かなり

大きかったですね。大きすぎ!

トムヤムの味もちょっと濃い

ですが、まずまずですね。

いかもとっても新鮮で

やわらかい!

もし、私が日本から来て、

これらの料理を食べたら、

タイにはこんな新鮮な

シーフードがこんなに安くで

食べられるんだ!と感動

するかも知れません。

まあ、あれですね。

ソイ39の角にあるCOCAで

シーフードを食べるなら、

こっちの方が絶対、いい

ですね。ただ個室がないので

接待向けではないですが、

カジュアルならね。

 

Pocket
LINEで送る

-エムクオーティエ, トムヤムクン, バンコク都内, レムチャルーンシーフード, 料理
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.