イミグレーション バンコク都内 ビザ ロングステイ 入国管理局

想定外のロングステイビザ更新

投稿日:2017年11月16日

Pocket
LINEで送る

うちの会社では、日本人の

ロングステイビザの取得や

更新のお手伝いをしています。

ちゃんと、80万バーツを

直近の3ヵ月、預金していれば、

すんなり1年間更新できます。

弊社の手数料が8000バーツ、

当局への手数料が1900バーツ

で合わせて9900バーツします。

この弊社の手数料8000バーツが

高い!と感じる人もいるでしょう。

日本円が目減りしているなか

25000円にもなるわけです。

もし、私が利用者でしたら、

どうでしょう。このような

サービスを使わないで、

自分でやるかも知れません。

弊社のサービスを使う人は、

1年に1回、訪れる更新を

確実に済ませたい、と思う人が

利用します。

少々、高くても、無事に済ませ

たいと思う人です。

中にはイミグレーションで

いやな思いをした人もいるし、

以前、自分でやって更新でき

なかった人もいるでしょう。

タイでは想定外のことが

たまに起こることがあります。

ロングステイビザの場合、

事前に弊社に来てもらい、

更新できることを確認し、

後日、現地で待ち合わせ

をするので、100%確実に

弊社では更新する使命が

あります。

しかし先日、想定外のことが

起こってしまいました。

その男性は80万バーツを

3ヵ月の条件を満たして

いました。1年前に定期預金

を組み、80万バーツを

入金していて、それが

満期になるのが、

イミグレーションに行った

11/10の次の日の11/11でした。

その男性は11/12には、タイの

地方に行く予定だったので

11/10に必ず済ませなくては

なりません。

 

当日、イミグレーションの地下の

バンコク銀行で、残高証明を

もらおうとすると、利息の

12000バーツしか表示されず、

「80万バーツの残高証明は出せない」

といいます。

う~ん、いまいち、よくわかり

ません。もう少し、聞いて

みると、明日が満期で、

そののち自動的に普通預金

に移す設定になっているので

きょうはその80万を出金でき

ないし、その金額の証明を

出すこともできない、と

いいます。

でも、本人の定期預金なん

だから、それを残高証明して

もらえばいいだけです。

しかし、ガンとして受け付け

ません。

さて、どうしたものか。

その定期をつくったのは

エンポリアムのバンコク銀行

なので、弊社でそこに問合せ

「とにかく残高証明がほしい

のだが」と聞いてみると

「出すのに問題ない」という

返答でした。

それなら、わざわざ本人が

エンポリアムまで行くことなく

イミグレーションの地下の

バンコク銀行で出せないのか?

と聞くと、それでも、地下の

担当者はダメ。

もう午後1時をまわっていたので

イミグレーションから

エンポリアムに行き、

イミグレーションに戻って

くるのに、車で行っていては

間に合いません。

弊社の担当者は男性で、

バイクで通っているので、

「それに乗って行ってもらえば

2時半ごろには戻って来れて

申請できると思いますが」と

その男性に言うと、バイクの

後ろでOKでした。

 

のち、エンポリアムの

バンコク銀行まで行って

本人の残高証明を取ろうと

すると「出せない!」。

え~、さっきOKだと言った

のに。

それで、弊社のタイ人2人が

バンコク銀行に押しかけ

「出金するわけではなく、

ただ単にビザ更新のために

残高証明がほしいだけ」

と、マネージャーを呼び、

大声で言ったようですが、

まあ、間違った行為では

ないので、結局は、

マネージャーもOKしてくれて

残高証明が取れ、イミグレー

ションに3時前に入り、

申請ができ、無事1年の

ビザを更新できました。

まあ、こういう想定外のことが

起きても、引き受けたから

には、確実にやり遂げる、

ということで、弊社を利用して

もらうわけですね。

 

 

Pocket
LINEで送る

-イミグレーション, バンコク都内, ビザ, ロングステイ, 入国管理局
-,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.