カイチアオ 料理

見た目そのままで、味がわかるカイチアオは安心

投稿日:2017年10月20日

「カイチアオ」というと、

タイの玉子揚げ焼き、みたい

な感じだが、日本でも、

その国の料理をそのまま言う

ようにしていて、「カイチアオ」

でも徐々に通じるように

なっている。

カパオもそうだし、ヤムなんか

もそのまま言って、わからない

人にはわからないんだけど、

タイ風サラダとかタイ風オムレツ

とか言えば、なるほどと

わかるんだけどね。

 

そのカイチアオだけど、

作り方としては、たっぷりの

油をフライパンにそそいで、

玉子をお椀に入れてかき混ぜ、

いろいろ調味料を入れて、

ジュワーと油の中にそそぐ

というもの。

当然、揚げたように、すぐに

出来上がってしまうのだけど

この早さがやはりタイらしい

ですね。

玉子焼きじゃなくて、簡単。

 

先日、イムちゃんで食べた

カイチアオのせごはんは

55バーツで、たま~に食べると

おいしいですね。ここの

カイチアオは小えびの

切ったのが、結構入っていて

良心的な量と味と値段だと

思いますね。

もっぱら、私が行くのは、

ソイ24-26の方ですが。

 

このカイチアオごはんは、

タイに来た当初、とっても

安心できるごはんでしたね。

今でもそうですが。

タイ人とごはんを食べる時は

いろいろ皿やお椀におかずが

並ぶんですが、その1つに

カイチアオもあって、他の

おかずが「あー、ダメだ」と

自分に合っていないときは

やはり手がカイチアオに

伸びるんですね。

「日本人にとって安心して

食べられる、タイでのおかず」

という気がします。

見た感じそのままの味です

からね、このカイチアオと

カイダーオは。

カイダーオは目玉焼きの

ことです。

辛くもなく、酸っぱくも

なく、見た目そのままの味は

やはり、ごはんの友ですね、

タイでは。

 

-カイチアオ, 料理
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2022 AllRights Reserved.