経理士

経理士の飼い殺しの方法

更新日:

Pocket
LINEで送る

先日の経理会社の話。

結構、反響があったので

タイ人の給料がぐんぐん上がる

じゃ、どのようにすればよいのか!

というのを書きましょう。

経理会社で、会社の中で

育てた人材が出ていく、

という話ですが。

じゃ、他のローカルの、タイ人が

経営する会社はどうして

いるのか?

経理士が、8社ほどすべての

帳簿付け、決算を行う、という

ことで、給料が25000~

28000バーツに上昇していく

という話でしたが。

タイ人が経営している会社では

だいたいがその社長は

公認会計士であったり

経理士であったり、一応、

最終的には自分で処理できるん

ですね。

その上で、例えば、経理士に

12社の帳簿付けだけをやらせる

というものです。

決算とか、そのからみはさせずに

帳簿付けのみ。でも結局は

決算もからんでくるので、

総合的に見た方が、その会社に

とってよい経理ができるんですが

とりあえず、毎月の帳簿付け

のみやらせる。

そして、決算については

マネージャークラス、あるいは

社長がみずからやる。

そうすれば、帳簿付けの経理士も

うすうすは決算もわかるのですが

はっきりとはわからないんですね、

やってないから。

それでは他の会社では使えません。

そうなると、給料は22000

バーツです。

だから、このローカルの経理会社

では20000~22000バーツ

で抑えられる、というものです。

いわゆる飼い殺しですね。

まあ、そうやって、すべての

流れを把握させないで、部分ずつ

のみ、仕事をさせる、という

わけです。

まあ、工場などでも同じだとは

思いますけど、全体を把握させる

のではなく、部分のみやらせる。

そうして給料を抑える。

まあ、でもそれも、姑息ですよね、

仕事としては。

経理は工場部品じゃないですからね。

まあ、ちゃんと決算までできるように

なって、違う会社に羽ばたいて

もらうのも、いいんじゃないかとも

思いますね。

次々に人材を探すのはたいへん

ですが・・・

 

 

Pocket
LINEで送る

-経理士
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.