BTSプロンポン駅周辺でランチ Zaap Classic イサーン料理 エムクオーティエ エムクオーティエ タイ料理 バンコク都内 料理 料理店

イサーン料理店で韓国風の唐揚げ

投稿日:2019年10月26日

Pocket
LINEで送る

BTSプロンポン駅周辺の平日

の昼食には、たまにZAAP 

CLASSICに行くわけですが、

フードコートの2階に上がって、

一番奥の方の席まで行く間、

正午前あたりですが、日本人

はあまりいないですね。1組

か2組ほどです。なぜかタイ

人の集団が多いです。会社の

集まりのような、10人、15人

ほどの集団ですね。

そういうのを見ると、うちの

会社も、昼間にタイ人の昼食会

とかをここでやるのもいいの

かな、と思いますね。

基本的にタイ人は酒を積極的

に飲まないので、昼間はドリ

ンクは水でよいし、あとは

食事のオーダーをして、まあ、

1時半くらいでおひらきになっ

ても、午後2時から仕事を始め

られるし、夕方、会社が終わっ

てから食事会だと、夜にかけて

のプライベートな時間を削られ

ますからね。

まあ、日系の会社だと酒をくみ

かわして、というのが一般的か

も知れませんが、タイ人は酒を

飲まない分、ドライですからね。

安くで上がるのでいいかもです。

ところで、ここの店はメニュー

はイサーン料理がずらりと並ぶ

んですが、唐揚げのちょっと変

わった風が105バーツであり、

推薦マークが付いていたので、

初めてオーダーしました。スタッ

フが「15分ほどかかります」と

言いましたが、それぐらいは

許容範囲でしょう。

結局、他の料理は全部やって

来て、待ったのはたぶん20分

以上だと思いますが、もうチェ

ックビンをしようとすると、

「まだ来ていない」ということ

で、待たされました。

そしてようやくやって来た一品

は、なかなかかわいい盛り付け

で、甘辛そうな見ばえでしたが、

案の定、甘い衣だったですが、

韓国風のBonchonのような味

でしたね。イサーン料理と違う

ような気がしますが、なかなか

これはこれで病み付きになる味

ですね。最近、どこで食べても、

甘い料理が多いような気がしま

すね。トレンドでしょうか。

少し甘くすると食欲が出るんで

しょうかね。

イサーン料理店でガイヤーン、鶏肉の炭火焼き

昼のランチでは、タイ人と行動 すると、やはりタイ料理が中心 になりますね。まあ、毎日、 カパオごはんを食べても、たぶ ん1週間ぐらいは問題ないので、 タイめしでの生活は苦にならな いですが、もし1人だ ...

続きを見る

ZAAP CLASSIC แซ่บで皮ぱりぱり炭火焼き鶏

先日のランチは、ひさしぶりに エムクオーティエの地下の フードコートの2階にある ZAAP CLASSIC แซ่บ に行きました。 最近は、ソイ39のイムちゃんに イサーン料理もあって、本格的な の ...

続きを見る

 

Pocket
LINEで送る

-BTSプロンポン駅周辺でランチ, Zaap Classic, イサーン料理, エムクオーティエ, エムクオーティエ, タイ料理, バンコク都内, 料理, 料理店

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2019 AllRights Reserved.


Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55