ビザ ロングステイ ロングステイ 生活 高齢者

バンコクはロングステイする街ではない?

投稿日:2019年5月13日

Pocket
LINEで送る

毎日、配達してもらっている日刊

の新聞に「マレーシア ロングステイ

&留学セミナー開催」と宣伝が載っ

ていて、13年連続世界一住みたい

国、留学でも大人気のマレーシア

とありました。

タイでロングステイのビザの仕事

をしていて、マレーシアはおとなり

の国なので、果たして、ロングス

テイで住みやすい国なのか?という

のは少し疑問に思いますね。

タイでも以前は、ロングステイで

日本人に人気があったと思います

が、徐々に減ってきていると思い

ます。取り扱うビザ取得の仕事も、

減っていると思います。

タイのバンコクは、先進国並み

とは言わないまでも、先進国に

近い国になりつつあり、明らか

に発展途上国ではなく、中進国

でもないですね。

物価は年々上がっていて、例えば

スクムビットで日本人が、ロング

ステイで住むとしたら、単身者

ならオンヌットなどで家賃15000

バーツ、日本円で5万円ほどであ

ると思いますが、夫婦ならプラカノン

などで3~4万バーツほどだとし

て、家賃は10万円以上はします。

それに例えば、プロンポンやトン

ロー界隈で日本食を食べると、

昼間で1人350バーツ、日本円で

は1200円ほどとなり、夜は自炊

した方が安い、ということになり

これでは日本で住んでいるのと

そう変わらない出費、あるいは

日本の70%ほどの出費にはなる

でしょうか。それで気軽に病院や

歯医者へも行くわけにもいかな

いので結局、日本で過ごしてい

てもそう変わらない、あるいは

不便な状況だということになり

ます。

もちろん、タイの田舎で、家賃

5000バーツ(日本円17000円)

ほどで住み、昼はおかずのせご

はん50バーツ(180円)、夜は自

炊でまかなえば、一ヵ月5万円

ほどでは過ごせますが、バンコク

ではそういうストイックな生活

は、日本食のない、ある程度、

郊外に行かなくてはできないで

しょう。

ということで、意識的に節約し

た生活はできないことはないで

すが、せっかくタイにいるんだ

からと、ある程度の出費を見込

んで生活すると、日本並みの出費、

あるいはそれに近い金額は必要、

ということになり、なかなか夫婦

でバンコクに移り住むという人も

いないのかな、という気はします。

まあ、時代が変わっているという

ことで、次は、高齢者のホーム

などで日本人を誘致する、という

のはどうでしょう。1ヵ月5万バー

ツほど出せば、実際にそういう

ホームがありますが、まあ、家族

がこちらに住んでいないと、1人

ぼっちになってしまいますからね。

だから、こちらに住んでいる人

の親の呼び寄せ、というところか

らですかね。そういうのが広がっ

てくると、タイでは日本より安く

で、でもサービスはしっかりし

ているホームがある、などとな

れば、高齢者の誘致も進むと思

いますが、そういう施設をモデル

事業として、タイ東部のEECの

域内につくって、中国人なども

巻き込んで、確立するのがいい

と思いますけどね。

Pocket
LINEで送る

-ビザ, ロングステイ, ロングステイ, 生活, 高齢者

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2019 AllRights Reserved.