ロングステイ 介護施設 生活 認知症 高齢者

あるロングステイしている日本人高齢者

投稿日:2019年3月13日

Pocket
LINEで送る

タイのロングステイビザの更新

手続きを行っているので、日本

人高齢者がたまにオフィスにやっ

て来ますが、まあ、通常は、仕事

内の話で終わりますが、たまに

プライベートなことまで聞くよう

なこともありますね。

その人はタイで6年ほどロングステイ

しており、年金生活をしていますが、

貯金もある程度、持っているよう

です。

1日400バーツほどの出費で、1年

で十分、年金内で生活できるよう

です。バンコクではないため、

きっと、日本料理とかの誘惑も

ないのでしょう。

67歳になって、1人生活で、

将来的にも「日本には戻らない」

といいます。しかし、そう言っ

て、日本に戻っていった人を

何人も知っているので、元気な

うちはそういう風に言えますが、

病院に通うようになったりする

と、治療費もかさみ、日本に帰

った方がよい、という風になり

ますね。

だれか、タイ人女性と住まない

んですか、と聞くと、それも考え

ているが、いまは1人の生活が

よい、といいます。30~40代ほど

の女性で、老後の面倒を見てくれ

る人はいないわけではないといい、

結婚も考えているが、まだわから

ないといいます。

両親はもう亡くなった?

オヤジさんは2005年ぐらいに

亡くなって、オフクロさんはまだ

1人で生活しています。

東京郊外のマンションで、92歳

くらいですが、1人暮らしのよう

です。

3人兄弟で、オフクロさんが亡くな

ったら、そのマンションは自分以外

の2人の兄弟が折半するといいます。

兄弟とも連絡はとっていなくて、

父親が亡くなった時に葬式で顔を

合わせたのが最後といいます。

おフクロさんが認知症になったら

施設に入る?年金で入れる施設は

ある?自分の親と照らし合わせて

考えてしまいますが、90歳以上で

1人暮らしというのも、オヤジを

見ているので、大変だと思います

ね。そういうのが日本では普通の

社会ですかね。

Pocket
LINEで送る

-ロングステイ, 介護施設, 生活, 認知症, 高齢者
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2019 AllRights Reserved.