京都 地域 帰省 生活 認知症 賀茂川

帰省

投稿日:2017年4月30日

Pocket
LINEで送る

たまに、京都に帰省します

両親が健在のため、それを見舞うためです

おかげで東京にはご無沙汰になりました

京都か東京か、どちらが好き、というと

総合で東京ですかね。京都に19年、

東京11年、バンコク24年ですが

自由に動き回った東京は、本当に自由の場でしたね

もちろん、学生の期間が5年ですからね

京都に帰るのは、以前は、結構、楽しみに

している部分はありましたが、

結構、ゆううつですね、今は

ただ帰るだけ、何もできない

せめて次帰るときは、日本の電話番号を

取得しておきたいですね

あと、海外転出にしている住所も

そろそろ、日本の所在地にした方が

いいのかも、と思っています

オヤジも自分で「ホームに入るのは近い」

と言っているし、オフクロは認知症で

施設に入っている。この状況で、

2人の子どもができることというと

起こり得ることに準備することだと思われます

でも、なぜか、オヤジとは合わないですね

だからオフクロが認知症というのはショックですね

親との疎通が途絶えたような

オヤジー娘 オフクロー息子 こういう

構図だったとは思うんだけど

11月だったかな、あれから、オフクロの

認知症がかなり進んでいたのもショックでしたね

お互いの会話がかみ合わない

以前はそれほど違和感がなかったのが

今回はかなり、メチャクチャ。でも話していること

は、以前、オフクロが普段、話していたことですね

「お金もうけしなくちゃ」とか「寺之内に帰る」とか

この状態で、タイのバンコクの施設に連れてくるのは

難しいのかな、と思いました。もちろん、10年有効の

パスポートをまだ取得していないというネックはあります

オヤジが「バンコク行きたいか?」ときいても

「そうやな、遊びに行くよ」ぐらいにしか、言わなくなった

以前なら、トモユキがいるから行く、と言っていたのだけど

連れてくるという行動が、遅いんだよね、

Pocket
LINEで送る

-京都, 地域, 帰省, 生活, 認知症, 賀茂川
-, , ,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.