BTSプロンポン駅周辺でランチ エムクオーティエ エムクオーティエ エムクオーティエ上階6-9階のレストラン街HELIX クイッティアオ バンコク都内 料理

164バーツで少々高いけど、雰囲気などがよいエムクオーティエのクイッティアオ屋さん

投稿日:2019年4月17日

Pocket
LINEで送る

最近、バンコクにも日本のラー

メンがいろいろやって来ていて、

麺を食べる機会が多いのですが、

日本人は麺が好きだと思います

ね。昼、夜と麺を食べても平気

だと思います。タイ人も最近は

麺をよく食べるようになったと

思いますが、やはり主食はごは

ん。日本人は、きょうの夜のご

はんはラーメン、というのもあ

りですが、タイ人はきょうの夜

はごはん、といえば、ごはんで

すね。麺をごはんとはいいませ

ん。そう言われて、なるほどと

思ったことがあります。

でもまあ、麺好きなので、別に

昼夜、麺でもいいわけですが、

先日の昼は、エムクオーティエ

の上階にあるレストラン街に

行き、タイラーメンの店に入り

ました。

昔風クイッティアオの店ですね。

以前、初めて入って、値段も

少々高くて、それほどの味でも

なかったと思いますが、まあ、

入りやすいと思いますね。

雰囲気とか、値段とか。

さて、きょうは、メニューの

トップにあった、ナムトック

のクイッティアオ149バーツ

です。豚の血を混ぜてコクを

出したスープですね。それだけ

だとおなかがふくれなさそう

なので、汁なしバミー麺の

クイッティアオ149バーツ

です。あと肉団子119バーツ、

ぎょうざスープ129バーツ。

 

ナムトックはまずひと口、

スープを飲んで、なかなか

コクのあるスープですね。

豚の血とかあまり深く考えて

ないです。タイにもこんなに

コクのあるスープのクイッティ

アオがある、ということです。

続いてのバミー麺の汁なしは

すでに中国しょう油で味付け

してあり、何もつけ足す必要

がなかったです。

道端の屋台やフードコートで

食べるバミー麺は、フニャフ

ニャのことが多いですが、ここ

のバミー麺は香りがあって、

細いけどちょっと固めで、

よかったと思います。肉団子

もそれなりの味で、ぎょうざ

はタイぎょうざではずれでし

たね。

会計では、サービス料10%は

別途だったですね。だから、

149バーツは164バーツですね。

 

日本のラーメンの価格並みのクィッティアオ

きのうのランチはエムクオーティエの 上のレストラン街に行きました。 7階くらいにあるステーキのARNOS のすぐ近くにThong  Smith  Siamese Boat  Noodleがあります。 ...

続きを見る

Thong  Smith  Siamese Boat  Noodle

ทองสมิทธ์

エムクオーティエ7階あたり

10:00-22:00

tel: 02-003-6226

 

Pocket
LINEで送る

-BTSプロンポン駅周辺でランチ, エムクオーティエ, エムクオーティエ, エムクオーティエ上階6-9階のレストラン街HELIX, クイッティアオ, バンコク都内, 料理

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2019 AllRights Reserved.


Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55