なぎ屋 バンコク都内 プラカノン 料理 料理店 食べ放題

なぎ屋のプラカノン店の食べ放題

投稿日:2018年6月8日

Pocket
LINEで送る

うちの会社のタイ人向けの

宴会で、どこがよいかと探し

たわけですが、オンヌットの

ベストビーフはもう飽きていて、

日本料理の食べ放題がいい、

ということで、まあ、できれば、

プロンポン駅から歩いていける

ところがいいわけですが、そんな

ところはやはりなくて、エカマイの

ゲートウェイにシャブシがありま

したが、宴会という席の並びじゃ

なくて、う~ん、いまいちですかね。

そんなとき、なぎ屋の食べ放題を

見つけましたね。

http://www.nagiya-bkk.com/sushi

場所はプラカノン店限定でやって

いるので、下見がてら、平日の

夜に行くことにしました。

雨上がりで、メチャ混みのスクムビット

ですが、ソイ53に入って、トンロー

に出て、トンローソイ10を入って

アリーナ10を過ぎて、エカマイの

交差点もそのまま通過します。

そうすると、プラカノンの通りに

出て、そこを右折すればすぐに

赤ちょうちんが右手に見える

ので、そこを強引に通りを

横切ります。

このルートだと混んでいない

ですね。

駐車場は裏手にありましたが、

あまり管理されておらず、それ

でも十分に車は停められました。

裏から店内に入ると、結構、

雑然と席が並べられていて、

タイ人や日本人など、結構、

客はいましたね。

さて、席について、アラカルト

じゃなく「食べ放題」を選ぶと、

スタッフが「食べ放題は皆、

食べ放題を選んでください」

と笑顔もなく言うので、あまり

食べ放題は歓迎されていない

のかも知れません。

まあ、とりあえず、メニューを

見て、寿司を片っぱしからたのみ

ました。食べ放題は2時間で

499バーツ++ですね。

寿司は1つで2貫なので、

甘えび2つ、ブリ2つ、えび2つ、

タコ1つ、トロサーモン2つ、

スパイシーサーモン2つ、

明太マヨ2つ、づけマグロ2つ、

サバ2つ、とかですね。

一方、うちのタイ人が、

サーモン刺身、エビ塩焼き、

とかたのんで、ドリンクは

食べ放題に含まれるコーラとか

グリーンティーとかですね。

待っているとまず、ドリンクが

来て、そのあとやって来たのは、

サーモン刺身、えび塩焼き、

さらに来たサーモン刺身。

いや、このサーモンはおいし

かったですね。えびも焼き加減

がさすが、なぎ屋さんですね。

サーモンの脂ののりがよかった

です。

そのあと、寿司は、メンタイマヨとか、

次々に来ましたが、甘えびが

よかったですね。日本からの輸入?

でもそんなことしてたら大赤字だと

思いますが、タイで作ってる?

ですかね。

あと、玉子焼きもたのんだのですが

うちのタイ人が「おいしい」と言うので、

だし巻き玉子の甘さが嫌いなの

ですが、「甘くない」と言います。

食べてみると、確かに甘くない

ですね。だから「これは東京の

だよね。大阪は甘いのよ」と

解説しました。

玉子焼きのあとに来たツナマヨ

のごはんが、かなり効きましたね。

たくさんごはんが入っていました。

そして再び、えび塩焼きをたの

んで、でも、やはり、寿司はごはん

が詰まっているので、そんなに

食べられないですよね。

でも、クオリティーは、他のなぎ屋で

食べるようなレベルのものだと

思いますね。ちょっと落ちますかね。

私はトンローも、ゲートウェイも、

日本街も行ったことがあります

からね。

ただ、スタッフの対応が、他の店に

比べると、素っ気ないですかね。

あまり食べ放題を歓迎されていない

というか。まあ、そりゃそうかも

知れません。このクオリティーで、

499バーツ++なら、ごっつう、

食べる人なら、店やっていけない

と思いますね。

まあ、場所が場所だから、タイ人客を

集めるのに、このような食べ放題を

始めたということでしょうか。

昔、シーロムのスリウォンに会社

があったとき、近くの日本料理店

「伯楽」で、土、日曜のみ食べ放題

をやっていて、オーダー式なん

ですけど、ちょっとずつのね。

でもあんまり、歓迎されてなくて、

料理が来るのも遅いし、本当に

ひと口サイズで、「食べ放題」

を選ぶのが悪いのかと思って、

そのあと、もう食べませんでした

けどね。

まあ、なぎ屋の方は、タイ人

向けなので、タイ人客は、そんな

スタッフの顔色なんか関係ないと

思うんですが、私は気になっちゃ

うんですね。

 

Pocket
LINEで送る

-なぎ屋, バンコク都内, プラカノン, 料理, 料理店, 食べ放題
-, ,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.