京都 地域 帰省 生活 認知症

認知症と食欲

投稿日:2018年4月21日

Pocket
LINEで送る

今回、帰省の際、認知症の

おふくろを見舞いました。

私の名まえを言ってもすぐに

はわからない状況で、繰り返

せば、わかってくれます。

しゃべることは、昔のことで

それを何度も繰り返ししゃべる

という感じですね。

ちゃんと食事を取らないと、命に

かかわってくるため、その部分

だけが心配ですが、認知症と

いうのは進んでくると、ごはん

を食べたのかどうかもわからず、

食欲があるのかどうかもわから

ない状況になるので、食べること

自体をやめてしまえば、あとは

死ぬだけ、ということのようで、

その方向に進んでいると、施設の

人に言われました。

まあ、私にできることは、施設に

訪問して、話をするくらいです

ね。話の内容は、50年ほど前

の話ですね。

それが記憶の中にあるようです。

だから「おばあちゃんの話」とか

兄妹の話とか、そういうものの

繰り返しですね。

「あばあちゃんはもういないよ」

と言っても、「そうか」と言うだけ

で、またしばらくすると、家にいる

おばあちゃんの話をします。

ある時は「申し分けないな、

ごめんな」と言います。

それをわかっていて言っている

のか、だれに対して言っている

のか、自分で想像するしか

ないですが、1週間に何日か

見舞いに来るおやじに対して

言っているのだと思います。

そうなると、その部分は認識が

あるということになります。

でも結局、そんなことをいろいろ

考えても、考え切れないので

寝たきりにならないようにして

もらって、できるだけ食事を

取ってもらって、この世で生きて

もらうということだと思います。

新聞にたまに載ってるような

「親の介護」というものを

自分はまったくしていないので

それに対しての後ろめたさや

恥ずかしさという気持ちは

ありますね。そういうものを

これから先も背負って生きて

いくんだと思うと、暗くなり

ますが、タイにいると、

そういうものを考えないので

居心地がいい、といえば

そうなんですね。

 

 

帰省

たまに、京都に帰省します 両親が健在のため、それを見舞うためです おかげで東京にはご無沙汰になりました 京都か東京か、どちらが好き、というと 総合で東京ですかね。京都に19年、 東京11年、バンコク2 ...

続きを見る

Pocket
LINEで送る

-京都, 地域, 帰省, 生活, 認知症
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.