セブンイレブン

セブンイレブンの24時間営業の問題

投稿日:2019年3月9日

Pocket
LINEで送る

日本でセブンイレブンの深夜の

営業をどうするか、という問題

ですが、運営のセブンイレブン

側が、「24時間営業」とうたっ

ているので、全店やらなくては

ならない、というしばりを設け

ていたのを、もっと柔軟にそれ

ぞれの地域で、7時から11時まで

の店もよいのではないか、とい

う風に変わっていく、ということ

になるのでしょうか。

日本と同じように人手不足のタイ

でも、この問題は同じように起こ

りうるので、7時から11時までの

店、というのも、経営側の CP が

OKしていれば、スムーズにそういう

店が出てくるんじゃないかと思いま

すね。

日本での人手不足は、深夜はもう

日本人の人手がいなくて、外国人に

頼らなくてはいけない、ということ

ではあると思いますね。

先日、帰国した際、中東系の人が

レジにいましたが、レジにいる人

って、結構、日本語ができないと

すべての業務はまかなえないんじゃ

ないかと思いますが、その時は、

ちゃんと、日本人のマネージャーの

ような人は別途にいましたね。

販売業務だけじゃなくて、光熱費の

支払いとか、ネットで購入した商品

の支払い、受け取りとか、コピーと

かプリントアウトとか、いろんな

ことを理解しないとダメなんです

よね。

一方、タイでも人手不足の問題が

あり、しかし周辺3国からいつでも

まかなえる、というのはあります。

流入を制限しているわけですね、

ミャンマー、ラオス、カンボジアか

らは。

ことばの問題も、ミャンマー人や

ラオス人はタイ語がうまいですから

ね。まあ、隣国で、タイ語ができな

いとタイでは働けないですけど。

日本人社長の会社では、タイ人4人

最低、雇用しなくてはなりませんが、

ミャンマー人ではダメですからね。

働いてもOK ですが、日本人1人の

就労に対してタイ人4人の雇用、

の枠には含まれません。

まあ、7時-11時ではなく、6時

-12時がよりいいと思いますね。

うちの近くのロータスも、

6-12時ですし。

 

Pocket
LINEで送る

-セブンイレブン
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2019 AllRights Reserved.