ロングステイ 生活

カンチャナブリ―でロングステイ

投稿日:2018年8月3日

Pocket
LINEで送る

うちの会社ではロングステイの

ビザ更新をやっているので、

いろんな人が来るのですが

あまり、プライベートなこと

は話しませんが、時間がある

と、まあ、少しぐらいそういう

話しもしますね。

先日は、カンチャナブリ―から

来た人で、

何やってらっしゃるんですか?

いや、別に何もやっていません。

どういうところに住んでらっしゃる

んですか?

普通のアパートというか・・・

川沿いですか?

そうですね。川が見えますね。

川に浮いているんですか?

いや、そういうんじゃなくて

普通のバンガローのね。

1ヵ月で借りてらっしゃる

んですか?

そう、1ヵ月5000バーツですね。

私が20年前に行った時は

ゲストハウスで、部屋には

何もなかったですが、あれが

100とか200バーツでしたね

そうね、今でも1泊300バーツ

ぐらいですね。

でも、私が住んでいるのは

ちゃんと、トイレとかも付いて

ますね。

夜に川に舟を出して、ドンチャン

さわぎとか、あるんですか?

そうなんですよ、うるさいん

ですよ、早朝なんかも

ボートで走ったりとか。

夜はカラオケですか?

そう、タイ人がね、ちょっと

ずつ、舟で行きながらね。

鉄橋の近くですか?

いや、もう少し戻ったところ

ですね。そのあたりに

ゲストハウスがいっぱいあって。

外国人が多いんですか。

そうですね。多いですね。

 

とまあ、自分が20年前に行った

ときと、それほど変わらない

イメージを思い浮かべました。

そのころ、いつも、週末に

カンチャナブリ―に行って

ましたね。わざわざ、

ピンクラオの向こうの南部

バスターミナルまで行って。

3時間ぐらいですかね、街から

サムローの自転車だったです

かね。

川沿いの安いゲストハウスに

泊まってね。川に浮いてました

けどね。

涼しくて、すごく居心地が

よくて、落ち着くというか。

朝もやとかもきれいだし、

外国人もいっぱいいるし。

でも、タイ人の夜の

舟上でのカラオケは、まだ

そのころ始まってなかった

ですけどね。静かだった

と思いますね。

 

Pocket
LINEで送る

-ロングステイ, 生活
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.