ビジネス 会社設立

会社設立の手数料が一律5,500バーツに

投稿日:2018年5月17日

Pocket
LINEで送る

日本人向けの会社設立等を

弊社では受けていますが、

サービス業などはタイ側51%

の設定で、タイ法人の会社を

つくることになります。

日本人が働く場合は、資本金

200万バーツに1人の枠となり

3人が働く場合は資本金600万

バーツの設定が必要ですが、

その場合にタイ商務省(DBD)

での会社登記の手数料は

33,000バーツでした。それが、

この5月より、一律5,500バーツ

となっており、資本金額が多い

会社設立はお得になっています。

このように突如、手数料が安く

なったり、高くなったりするのも

タイですが、そのあたり付いて

いかないといけません。

そのため、弊社では会社設立の

費用は

資本金 200万バーツ

資本金 400万バーツ

資本金 600万バーツ

資本金 800万バーツ

以上のいずれにおいても

22,000バーツ+vatになります。

とりあえず、法人税の優遇を

考えて、資本金500万バーツ

以下にしておきたいため、

資本金400~500万バーツの

設立がよいと思われます。

さらに資本金の増資について

も、これまでかかっていた

手数料が、一律500バーツに

なったため、弊社手数料も、

資本金額に関係なく、増資は

一律7,000バーツ+vatとなり

ます。

この機会に、資本金200万バーツ

を400万バーツに引き上げる

のが、よいと思いますね。

 

この政策はおそらく、

タイ政府の、タイで会社を

スタートアップさせる人たちの

ハブに!と、外国人の事業主

らを誘致している一環で、

手数料を下げている、という

ものだと思いますね。

でも、会社設立の手数料を下げ

たからといって、あとは何も変わっ

ていないのだから、どうかという

気もしますがね。

 

Pocket
LINEで送る

-ビジネス, 会社設立
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.