サムットサーコン

サムットサーコンを世界の台所に

投稿日:2018年3月2日

Pocket
LINEで送る

「サムットサーコン」を世界の

台所のセンターに!

シーフードレストランなどの

拠点に!

というタイ政府の試みを見て

なかなかよいアイデアだと

思いますね。

そう、このように、特徴のある

街を、もっとタイも、地方で、

アピールしていくのが、

それが観光にもつながるし、

街の発展にもつながると

思いますね。

今、日本がやってることですね。

それで、サムットサーコンですが、

私はいまいち、よく知りません。

バンコク→サムットプラカン→

サムットサーコンと通って、

ホアヒンなどに行くわけですが

その通り道の県ですね。

地方の、南の方のスラタニーとか

ソンクラーとかに行って、この

カニはバンコクに出荷している、

という場合は、だいたい

サムットサーコンの

マハチャイの市場ですね。

一方、バンコクのレストランなどで、

新鮮な魚介を仕入れるといえば、

「直接、サムットサーコンの

マハチャイ市場に行く」というと、

もう本格的ですね。

でも、行きたいと思いつつ、

一度もこの築地のような、

サムットサーコンの市場には

行ったことがありません。

さらに、このサムットサーコン

は川や海に面していて、

シーフードレストランなども

結構あったりして、また、

タイ人向けのホームステイの

宿泊施設もあって、潜在的に

外国人旅行者を呼び寄せ

やすい地域ですね。

それで、このように1つ格上げ

した街に承認されれば、さらに

人が集まる、というものです。

市場で買った魚介を、

そのままシーフードレストランで

いただけるとか。

でも、まあ、私は今まで、

この街は通過県として、

立ち止まることもなく、

来たわけですが、一般の人向け

に整備されたあかつきには

訪れてみたいと思いますね。

 

Pocket
LINEで送る

-サムットサーコン
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2018 AllRights Reserved.