テレビ番組

3チャンネルのドラマ「กรงกรรม クロンカム」、あなた、おまえと呼ぶ言葉もแก、มึง、 เธอ、 เจ๊、นาย、พี่ 、 น้อง、ม้า、เฮีย、อา 、ซ้อ

投稿日:2020年12月31日

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

กรงกรรมクロンカムというドラマを最近、見ていて、3チャンネルで毎日、やっているんですね。夜8時20分ごろからです。
良い行いをすれば報いが来るとか、悪い行いをすると、悪い結果になるとか。まあ、因果応報ですかね。

タイ人はこういうドラマが好きで、私もこのドラマに関しては、非常によくできていると思って、2回目ですが、見入ってしまってます。

2年前に放映されたようですが、そのときは見てなくて、今年の8月ぐらいですかね。ネットフリックスで見つけたシリーズで、思わず毎日、全話見てしまいました。

すごくよくできた内容で、おもしろいです。さすが、3チャンネルですね。

まあ、日本人からすると、ちょっとばかばかしいんですが、例えば、悪い行いをすれば悪い結果になるとか。そういうのが人生のドラマのテーマじゃないんですね、日本人の場合は。

だけど、タイではこれがドラマになるんですが、タイらしくておもしろいんですね。

この手のドラマを見る時は、登場人物の名前を覚えることと、キーワードを覚えてしまえば、あとは、少々、ことばがわからなくても、見ていればだいたいわかりますね。例えば、婿嫁はサパイですね。

ヨーイが華僑の家に嫁いで、マイチャルンプラが演じていて、私の世代ですね。時代設定は、50年ほど前ですね。
町の総合雑貨店みたいな感じで、別途に精米所を持っていて、町のあるじですね。

後ろの右端はアーシィー、となりがアーサー、そのとなりがアートン、左端は使用人、のち、アートンと結ばれる。前列左はお父さんで、すでに死亡、右はお母さんのヨーイ

後ろの右端はアーシィー、となりがアーサー、そのとなりがアートン、左端は使用人、のち、アートンと結ばれる。前列左はお父さんで、すでに死亡、右はお母さんのヨーイ

このお母さんには4人の子どもがいて、長男はアーチャイ、次男はアートン、3男はアーサー、4男はアーシィー。

アーというのは、中華系で使うーちゃんとかですね。

長男のアーチャイは軍隊に行って、そこで嫁を見つけ、これがレーヌーといって、初めはあばずれですね。だから、イ・レーヌーと呼ばれたりして、レーヌーの野郎!ですね。あるいは、年下が呼ぶ場合は、ピーレーヌーで、レーヌー姉さん。妹がそう呼んでますね。

左がレーヌー、右がチャンター

左がレーヌー、右がチャンター

それで、次男のアートンの嫁はピライで、これが悪者ですね。タイのドラマによくある、こんなやつ、いないだろうという設定です。ねえさんの พี่ ピーとまぎらわしいです。

左がアーサー、まん中はヨーイ、右端はピライ

左がアーサー、まん中はヨーイ、右端はピライ

それで、一番下の4男はまだ学生で、ほとんど家には帰って来なくて、レーヌーの妹のワンナーが好きで、という感じです。

今、毎日やっていますが、もう終盤にかかってきていて、あと2週間ぐらいで終了でしょうか。

もうすぐ、4男がおぼれて死ぬんですね。遊んだ女性と子どもが出来てしまって、「おろせ」という悪行のむくいを受けるわけですね。ヒィアシィーとの子どもを見ごもったと。ヒィアというの中華系の人につける~さんですね。

例えば、3男のアーサーを呼ぶ際は、サー、アーサー、ヒィア・サー、ナーイ(あなた)、ピーサー(サー兄さん)、ノーンサー(サーちゃん)などがあるんですね。どう呼ぶかによって、相手の年齢的な位置等がわかりますね。

2人で話していても、あなた、ということばでは、おまえ、あんたは แก ケー、おまえ!は มึง ムン、あなたは เธอ トゥー、ねえさんは เจ๊ ジェー、おまえは เย็น エン、男性のあなたは นาย ナーイ、お兄さん、お姉さんは พี่ ピー、年下のあなたは น้อง ノーンあと、中華系のお母さんを呼ぶ際は ม้าマーで、子どもたちはこう呼んでいます。あと、中華系の男性を呼ぶ際の เฮีย ヒィアがあります。さらに中華系の兄弟は อา アー、中華系の嫁を呼ぶ場合は、ซ้อ ソーですね。嫁がレーヌーとピライの2人いて、どちらもこう呼んでいで、まあ、嫁さんということですね。

チャンターをアーサー(3男)がひそかに好きだったけど、他の人と結婚することになり、その結婚式で、昔、ミアノーイ(めかけ)だったのがばれて、破綻し、いっしょにチェンマイに逃避行するという

レーヌーがアーチャイとの子どもを身ごもったけど、チャイが軍隊の隊長?の娘と結婚することになり、

そしてピライが自分の悪行を行っていた、悪い自分をすべて吐き出して、善人になる。

というドラマで、マイチャルンプラがやはり、すばらしい演技で、歌も大御所だけど、演技もバツグンという、子どもはいないし、結婚もしていないはずだけど、中華系の家に嫁いだお母さん役はすばらしいですね。

ところで、マイの曲はカラオケでは歌いやすいので、昔はよく歌ってましたね。

そして、このシーンがこのドラマの最高潮のシーンだったのかな、と思いますね。ということは、アーサーが主役の1人だったんですね。

そしてこれで、さらに涙ですね。

これを意識的に1月1日の放映に持ってきたんだと思いますね。

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

-テレビ番組
-

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2021 AllRights Reserved.


Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/jiyuland2/soi43.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55