イムちゃん カオカパオ カパオごはん 料理 料理店

カパオごはんの毎日でも飽きません

投稿日:2017年6月8日

Pocket
LINEで送る

先日のランチは、近くの

イムちゃんに行きました。

だいたい、決まってたのむのは

カパオ・ムーサップ・カイダオ

カパオ菜とひき肉炒めと目玉焼き、ごはん

ここのは、ひき肉が粗びきですね。

自分のところで、細かく

したような感じ。それと、

インゲン豆のようなのが結構、

入っていますが、普通はこれを

入れないでしょう。どちらかと

いうとない方がいいですね。

あとはバイ・カパオ。これが

味の決定打ですね。

さらに、ソースの決め手は、

カキソース。これで、味に

間違いはなくなります。

辛めの出来上がりで、

目玉焼きを少しからめると

中和され、さらにごはんも

少しずつ、それに加えて食べます。

はっきり言って、カパオごはんは

毎日でも食べれますね。

飽きません。

これだって、日本で食べりゃ

800円ぐらいするでしょう、

と思いながら、価値があるもんだ、

と思いながら、食べています。

カパオの葉っぱと豚のひき肉と合わせ

それにごはん。もう芸術のような

料理、と思いますね。

それが50バーツですよ!

こんな節約で、おいしくて、

飽きないタイ料理はないでしょう!

 

日本人の中には、タイ料理は

ダメなんですよ、という人もいますが、

まあ、人それぞれで。

そういう意味では、私はタイの田舎に

行ってタイ飯を毎日出されても、

大丈夫だとは思いますが、

まあ、どこの地方かにもよりますね。

イサーン料理が1週間続くとキツいですね。

南の料理もきっとキツいと思いますね。

タイ中央部と北部なら、

2週間くらいは大丈夫だと思いますよ。

 

Pocket
LINEで送る

-イムちゃん, カオカパオ, カパオごはん, 料理, 料理店
-,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.