イミグレーション チェンワッタナ バンコク都内 ビザ 入国管理局

イミグレーション(入国管理局)でのビザ更新

更新日:

Pocket
LINEで送る

おっそろしい。

イミグレーション(入国管理局)に着いたのは

8時30分過ぎ。

そこから早足でイミグレの入り口を入り

一番奥のビザ更新のところへ行った。

そうすると、うちのタイ人が並んでおり、

すでに長蛇ができていた。

周囲を見渡すと結構、日本人が多い。

もらった番号は104番。

うちのタイ人が言うには、

午後になるから、1回帰った方がいいと。

え~~~

1回帰るって、そこまでちゃうやろ~

彼が言うには、午前で回ってくるのは

40番ほどで、うまくいっても

60番とか。「きょうは人が多い」

ということで、普段はもっと少ないらしい。

まあ、うちはビザのサービスをやっていて

その彼は毎日のように来ているので

わかっていて言っているのだが、

それやったら、もうちょっと

早く来るとか、便宜はかれよー

という感じだが、

朝5時に待っている人もいるとか。

そんなあほな。

外は曇ってきて、大雨が降り、

帰っている場合じゃないわな、

という感じで、そもそも、こんな

陸の孤島から帰ったら、戻ってくるのに

渋滞に巻き込まれたらどうなるのだ、

という感じだ。

早く路線ができてくれれば、

チェンワッタナ通りで降りて

イミグレのあるB棟まで

歩いても8分ほどで行けるのだが。

そのためには、今、建設中の

レッドラインができて、さらに

ケーラーイ~ミンブリーの路線が

できなくてはならない。レッドラインが

3年後オープン、まだ計画中のミンブリー

があと7年後かな。

ということで、昼は写真と実物が違う

石焼ビビンバを食べて、そのあとは、

携帯を見て、トイレに行って、

携帯を見て、トイレに行っての

繰り返し。朝8時半に飛行機乗って

ればもう羽田に着いてるよね、

という時間で、午後3時25分で

まだ88番。

きょう終わるの?

まさか明日にまわされることってないよね。

で、結局、担当官との顔合わせは

5時過ぎ。そのあと、その上司に

もう一度、確認でそれは5時半過ぎ。

まだ結構、まわりには日本人が

残っていたな。

「きょうは人が多い」ということで、

この日、行った人は運が悪かったのです。

普段は2~3時には帰れるようです。

念のため。

さて、もう6時前はこのチェンワッタナの

あたりは大渋滞で、仕方なく、

彼のバイクの後ろに乗り、

モーチットまで連れて行ってもらった。

ところで、イミグレーションは、

BOIや大資本の会社などは、

ここではなく、地下鉄サムヤーン駅

のチャムチュリービル18階だが、

そっちはプレミアムな会社で、

こっちは、その他の会社で、という

振り分けのような気もするが、

でもBOIでも変な会社はあるし、

サービス業ならタイ資本51%で、

こっちにならざるを得ないので、

優劣を付けるのはバカバカしいね。

まあ、この空白の1日の改善としては、

チャムチュリーと同じように

ワンストップサービスで2年間のビザ

が出るようにするべきだね。

ようは、タイに貢献してくれる会社は

歓迎なのだから、貢献は税金を払う、

と考えれば、例えば、1ヵ月の売り上げ

100万バーツで、毎月の消費税の

支払いは7万バーツほどで、

相殺分を引くと、5万バーツほどの

支払いで、12カ月では60万バーツ。

だから、1年で50万バーツ以上の

消費税を払っている会社の人の

ビザ1人分は、ワンストップサービスとか!

まあ、ようは、会社をつくって売り上げも

そんなになく、ビザを更新している、

という状態が変なわけで、

そういう会社との区別を付けて、

処理すべきだと思いますね。

Pocket
LINEで送る

-イミグレーション, チェンワッタナ, バンコク都内, ビザ, 入国管理局
-, , ,

Copyright© タイで、バンコクで、真夏日で , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.